オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病は成長痛です。また、成長障害とも言います。

%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89

Nakajima整骨院より引用

【原因】成長期の10~15歳ごろに多いとされています。骨と筋肉の成長を比較すると骨の成長の方が早い為、筋肉が骨を引っ張ってしまう事により起こる症状です。

【症状】脛骨粗面(すねの骨の上部、膝の皿の靭帯の下の出っ張った所)が隆起してしまう。

    走ったり、ジャンプした際に起こる運動時痛や直接その箇所を触ることによって痛みが生じます。また、正座をする際にも圧迫され激痛が出ることもあり、正座が出来なくなることもあります。

【施術内容】①まずは安静です。スポーツをする事により悪化しますので安静が一番です。

      ②熱感がある場合にはアイシングをして下さい。

      ③大腿四頭筋(ももの前にある筋肉)をほぐして緩めることにより痛みの緩和が見られます。当院では電気療法、超音波療法、手技療法、ストレッチ、鍼灸施術を行います。

【注意点】スポーツを続けて行うようでしたら継続して施術をした方が良いです。その分筋緊張が強くなり痛みが強くなってしまったり、骨の隆起が大きくなってしまう事が多い為です。また、靴の中にクッション性のある中敷きを入れたり、アスファルトの上で走らせない様にするなど工夫した方が良いと思います。

【自宅ケア】①アイシング

      ②モモのストレッチ

 

ページトップへ戻る