テニス肘

最近テニスをやっている方が増えてきた気がします。

その中でも多くの方に見られるのがテニス肘です。

【分類】

①フォアハンドで起こりやすい…上腕骨内側上顆炎

②バックハンドで起こりやすい…上腕骨外側上顆炎

no2_1

あいはら鍼灸整骨院より引用

【原因】テニスのストロークを繰り返し行う事で、ボールがラケットに当たる衝撃が肘に付着する筋肉に加わり、微小断裂や損傷し、発症すると言われております。

フォアハンドでは手首を手の平側に曲げる筋肉に負担がかかり、肘の内側に痛みを生じます。

バックハンドでは手首を手の甲側に曲げる筋肉に負担がかかり、肘の外側に痛みを生じます。

【症状】特にワンハンドでストロークをする際に痛みが出やすいです。また、日常生活でもタオルを絞ったり、ドアを開ける際や物を持ち上げる際などにも痛みが出やすいです。

【施術内容】

①まずは安静です。

②患部に熱感がある際にはアイシングを行います。

③前腕の筋肉の緊張を緩めて肘の負担を減らしていく必要があります。その為に当院では、電気療法、超音波療法、手技療法、鍼灸施術を行います。

【自宅ケア】

①運動後熱感がある場合はアイシングをして下さい。

②前腕のストレッチを行って下さい。

③前腕の筋肉をほぐしていくのも良いと思います。

【注意点】

部活などを休まず行う場合は練習量を調整したり、運動後はなるべく毎回施術することをお勧め致します。最悪の場合、はく離骨折や関節ネズミになってしまう事もありますのご注意下さい。

ページトップへ戻る