症例;足関節捻挫(足首の捻挫)

10代 男性 

部活中に捻ってしまい、負傷。

内側に捻ってしまう内反捻挫でした。

前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)、踵腓靭帯(しょうひじんたい)、二分靭帯(にぶんじんたい)損傷。

熱感、腫脹(+++)

歩行時痛著明。ジャンプ不可。

 

本人の希望により、部活を休みたくないとの事でしたのでホワイトで固定しました。

固定後は、動かせない為運動時痛は軽減しました。

通院頻度は最初の2週間ほどは毎日必要です。

これから経過観察していきます。

 

 

多くの場合は外くるぶし側にある外側靭帯を痛めてしまいます。

 

若い子の捻挫の多くは骨折を伴っていることが多いです。

治療法は電気療法、超音波療法、場合により鍼を行います。

1番大切なことは、固定をする事です。

出来る事ならテーピングでなく、固定具を使用した包帯固定をお勧めします。

 

ページトップへ戻る