むち打ちって何?

【別名】外傷性頸部症候群、頸椎捻挫、むち打ち症(鞭打ち症、むちうち症)と呼ばれたりします。診断書には上記の傷病名で記載されることがあります。

【原因】自動車事故や労働災害などにより起こる。強い衝撃で頭部と胴体が異なる向きへの動きを強いられ、靭帯や関節包、筋肉など損傷してしまい起こるものです。

【症状】・首や背中、肩などのコリ、痛み、張り、重たさ

    ・頭痛

    ・耳鳴り、眩暈(めまい)

    ・吐き気

    ・手足の痺れ、震え

    ・食欲不振

    ・脱力感

    ※上記の症状がすぐ出る方もいらっしゃいますが、数日経過してから辛くなる方も多く見     受けます。その為早期の段階で病院に受診して診て貰っておいた方が良いと思います。

【検査】整形外科などの病院では、レントゲンやMRIを撮りますが、異常を認められない場合が多いです。本人は辛くても他覚的所見が見られない事が多いので辛い所です。

【施術方法】整形外科などの病院では、電気療法、温熱療法、牽引、投薬を行っている所が多いです。ひまわり整骨院鍼灸院でも電気療法や温熱療法は行います。その他に手技療法でほぐしていったり、骨盤矯正専用のベッドで矯正をしたり、鍼灸施術を行ったりします。

【鍼灸】首や肩のコリや痛みには鍼灸施術が効果的とされております。医師から鍼灸施術が必要と判断された場合に限り、自賠責(自動車保険)や健康保険を使用して行う事が出来ます。  

    ※当院にて鍼灸の同意書、依頼書を作成致します。

 

少し時間が経ってから症状が出る場合も多い為、まず事故後10日以内に整形外科などの病院に受診し、見て貰いましょう!その後症状が出る様であればしっかりと施術して、早期回復を目指しましょう!!

病院、他の整骨院、鍼灸院からの転院可能。

病院との通院の併用可能。

交通事故専門の弁護士事務所提携していますのでご相談下さい。

 

 

ページトップへ戻る