足首の捻挫

2016年7月13日

足首=足関節(そっかんせつ)と言います。

足関節の捻挫では内側に捻ってしまうケースが多いです。

この場合、外側にある靭帯や関節を包んでいる関節包(かんせつほう)を損傷してしまうことが多いです。

腫れて、熱感があり、内出血も伴う事があります。

足関節捻挫

特に負傷しやすいのが前距腓靭帯です。

早期に施術することにより回復も早くなります。また、そのうちに良くなるかなとほっておくと長引いてしまったり、捻挫癖になってしまいますのでお気を付け下さい。

当院では、鍼灸施術も行っております。痛みの軽減や動きの改善が見られます。

ケガをしたらすぐ、ひまわり整骨院まで!!

 

関連記事

    記事はありませんでした

ページトップへ戻る