シンスプリント

2016年7月9日

シンスプリント

最近来院される学生で「シンスプリント」になっている方が多く見受けます。

別名;脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)

すねの骨の骨膜に炎症が生じるスポーツ障害です。

すねの骨沿いの筋肉の内側の下2分の1の範囲に痛みが出て、その内に骨自体に痛みが出てきます。

原因としては、繰り返しのジャンプ動作や長距離走(マラソンなど)で慢性的な疲労の蓄積から起こるオーバーユースです。

症状が出ても運動は出来るため、そのうち治るかな?と施術を受けずに運動を続けていきますと、悪化し疲労骨折を生じることもありますので、お気を付け下さい。

施術内容としては、電気療法、超音波、ほぐし、ストレッチ、鍼灸、テーピングが主となります。

軽めな症状の時から施術を開始した方が回復は早くなりますが、練習量が多くなると、痛みが再発しやすいのも特徴な為根気よく施術を繰り返し行う事が必要となります。

大会前だけでなく日頃から身体のメンテナンスはしっかりとしていきましょう!

 

関連記事

    記事はありませんでした

ページトップへ戻る