シンスプリント

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%88

加賀整骨院より引用

 

部活やスポーツのシーズン始めや新学期に新入部員がハードなトレーニングを行った際に良くみられる症状です。

運動をする方には良く耳にすると思いますが、別名脛骨疲労性骨膜炎とも言い、骨膜に症状がでるスポーツ障害です。

 

【原因】①硬い地面の上をひたすら走ったり、足部を背屈する動作(つま先を上に上げる動作)を過剰に行う事。

    また、長期のオフ明けに急激な運動を行う事でも起こりえます。

    ②ジャンプ動作の繰り返し、マラソンなどにより、脛骨(ふくらはぎの内側の骨)下3分の1にかけて慢性的な疲労の蓄積により発症します。⇒オーバーユース

    ③偏平足(足部のアーチの減少)、外反母趾、内反小趾、開帳足など

 

%e8%b6%b3%e9%83%a8%e3%82%92%e8%83%8c%e5%b1%88%e3%81%99%e3%82%8b%e7%ad%8b%e8%82%89

Zigenより引用

 

【症状】①初期は運動時のみ痛みがスネの辺りに出て、不快感や軽い鈍痛がある程度です。

    ②進行してくると運動時以外にも日常生活動作でも痛みが出てきます。

【注意】①1点のみに痛みが出る場合は疲労骨折の可能性があります。

    ②休むと痛みが治まる為我慢して部活やスポーツを続けているとドンドン悪化することがあります。進行してくると施術を受けていても改善するまでに時間がかかることが多い為、なるべく早い段階で施術を開始した方が良いと思います。

【施術内容】①まずは安静です。

      ②足部を背屈する筋肉が緊張しすぎているのでほぐしていく必要があります。当院では電気療法、超音波療法、手技療法、ストレッチ、鍼灸施術を行います。

      ③足部のアーチをサポートするためにテーピングをするのも良いと思います。

【自宅ケア】①ストレッチ

      ②青竹踏みをして足底の筋肉を刺激していくのも良いと思います。

      ③足部のアーチを補助する為にタオルギャザーを行うのも良いと思います。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る