土用の丑の日

髙木です。

皆様は「土用の丑の日」の由来をご存知でしょうか?

 

 

江戸時代、平賀源内が知り合いのウナギ屋さんが夏は売れないと困っているのを見て

「土用の丑の日、ウナギの日」と張り紙を貼って流行らせたと言います。

元々、「う」の付く食べ物を食べると病気にならないと言い伝えがありましたので定着したのでは無いかと。

 

今年は今日(7月25日)と二の丑の日(8月6日)と2回あります。

ちなみに「土用」は各季節にもあります。

夏だけではありません。

実際私も東洋哲学を学び、ビックリした覚えがあります。

 

立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を土用と言います。

なので今年は計6あるわけです。

 

ウナギは高いので、ついつい違ったものを買ってしまいますが

今年は食べたいものですね(*^^)v

 

 

ページトップへ戻る