夏と言えば海!!危険生物にご注意を!!

こんにちは。

ひまわり整骨院の松原です。

 

夏と言えば海ですね。

海水の温度が上がりにつれ、日本の海に危険な生物が見かけるようになったと

テレビで聞くようになってきました。

よく耳にするのがオホジロザメ・ヒョウモンダコ・クラゲのキロネックスなど。

毒を持つ生物も含まれているところが怖いですね。

 

最近はアリのヒアリが話題になりましたが、7/16までに6都府県で8回発見されているの事です。

ヒアリに刺されてもすぐに命の危険性はなく、軽度な症状は痛み・かゆみで中度になると蕁麻疹さらに重度だと

数分から数十分で良き苦しさ・声の枯れ・めまい・激しい動悸などが起こり、意識を失うこともあるみたいです。

また、アナフィラキシーである疑いが強い場合は命の危険性が出てきます。

もし刺された場合は20~30分程度、安静にし体調の変化がないか注意し、重度の症状が見られるときは

すぐに救急車の要請するの事です。

 

楽し夏はこれからです!

なので、いつどこで危険なことに遭遇するか分かりませんのでお気を付け下さいませ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る