夏バテ対策には甘酒を!!

おはようございます。

ひまわり整骨院の松原です。

 

とうとう冷房なしでは寝れなくなるほど、夜が暑くなってきましたね。

夜だけではなく日中も暑いですが・・・

こんなに暑いとバテやすくなりますよね。

 

そこで甘酒の出番です!

 

今は冬に飲むイメージがありますが、江戸時代から夏バテ予防として飲まれてきたもので、【飲む点滴】とも言われています。

なぜ、飲む点滴と呼ばれるのは甘酒に含まれている栄養素がビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・オリゴ糖・食物繊維・アミノ酸・ブドウ糖で、これは栄養点滴の成分とほぼ同じだからです。

なので疲労回復や風邪予防や腸内環境の改善だけでなく、美容やダイエットにもいいのです!

 

甘酒を飲む時のポイント

・温めすぎない事

 ビタミンB1は熱に弱いので、温める際は人肌程度がいいです。

・原材料の確認

 甘酒は酒粕と米麹から作られます。

『酒粕で作られた甘酒』

 食物繊維は豊富ですが加糖されているのでカロリーは高め、アルコールも含まれています。

 

『米麹で作られた甘酒』

 ミネラルは豊富ですが食物繊維は少ないですが、無加糖なのでカロリーは低くブドウ糖本来の甘みを味わう事が出来ます。

 また、ノンアルコールです。

 

どちらも栄養素は変わりないので、お好みで試してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る