交通事故の被害に!相手が無保険の場合。その2

2017年11月15日

相手(加害者)が任意保険(自動車保険)に加入していなかった場合、どうなってしまうのか。

 

通常、相手が任意保険に加入している場合は、

任意保険会社が治療費を支払ってくれたり、示談金などの補償を受ける事が出来ます。

 

相手が任意保険に加入していない場合は、

自賠責保険に直接請求をしたり、ご自身の加入している任意保険会社を使用したりします。

この場合、保証が低くなってしまうことがあります。

 

もし、自賠責保険にも加入していなかった場合は、

ご自身の任意保険会社を使用します。

もしくは加害者に請求するか。

 

自賠責保険や任意保険に加入していない方は

示談をしてもちゃんと支払ってくれない事もあるそうです。

 

ご自身も任意保険に未加入だったら…

ちゃんと補償を受けられない事もあります。

考えるだけでも怖いですね。

まずはご自身の為にも任意保険を加入しているか確認してみましょう!

自分の身は自分で守りましょう!

 

ちなみにお勧めの特約があります。

人身傷害特約…過失に関係なく、自動車事故でけがをしてしまった際などに役に立ちます。

弁護士特約…もめた時や示談金に納得がいかない時、治療を強制的に終了させられそうな時などに役に立ちます。

 

もしもの時の保険です。

良く考え、説明をよく聞いて判断してみて下さい。

関連記事

    記事はありませんでした

ページトップへ戻る