坐骨神経痛その①

坐骨神経痛は症状であり、色々な原因で起こります。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などなど。

 

【腰椎椎間板ヘルニアの原因】

椎間板の中身が外に飛び出した際に神経を圧迫することで起こります。

%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%8b%e3%82%a2

からだ回復センター優から引用

 

【脊柱管狭窄症の原因】

脊柱管(神経が通っている管)が圧迫されることにより起こります。

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e7%ae%a1%e7%8b%ad%e7%aa%84%e7%97%87

からだ回復センター優から引用

【梨状筋症候群の原因】

股関節の屈伸運動や捻る運動を頻繁に繰りかえすスポーツを行っている方に多く、梨状筋が坐骨神経を圧迫することにより起こります。

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4

からだ回復センター優から引用

 

【症状】

①腰の痛み;腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症では腰の痛みが出やすいです。

②坐骨神経痛;臀部~足指にかけて神経痛が生じます。どの個所に神経痛が出るかは人によって異なりますが、モモの外側やスネに出る方が多い気がします。

       また神経痛と言っても、シビレや痛み、知覚低下、動かしづらいなど様々です。

③歩行時の痛み;脊柱管狭窄症では一定間隔ごとに痛みが生じ、少し休むと落ち着き、再度歩くと痛みが出るといった特有の症状があります。

【ひまわりでの施術】

①腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症を治すことは出来ませんが、症状を落ち着かせたり、痛みや神経痛を軽減することはあります。

②特におススメして行っている施術は鍼施術や特殊電気をかけることです。週に2~3回程継続して行う事で少しずつ効果が出てきます。

【健康保険】

①通常「坐骨神経痛」での受診の場合、整骨院の保険では適応外となります。

 ※鍼灸院の保険では可能。当院で同意書、依頼書を作成後、医師の同意を得られればOK。

②原因がぎっくり腰や急に腰を捻ってしまった場合は使用できます。

ページトップへ戻る